《MUMEI》
あなたの隣に居れるなら。
by marin

「青いノート」とは別の作品を書いてみました。この作品は多分暗い物語です。そういうのが苦手な方は見ない方がオススメです。なんかごめんなさい。またもう少ししたら青いノートの続きを書こうと思います。

ちなみにこの主人公の名前は些原 阿柚(サハラ アユ)です。

全然出せなくてすみません。
そして長くなるかもです。
たくさんのすみません。


1:もうやめたい。
2:いつも通り。
3:冴えない私。
4:全部、今日で最後。
5:昔の私。
6:砂糖の様なカップル。
7:青いノート。
8:楽な死にかた。
9:出会い。
10:たまには良いね。

この作品のURL

友達にメールで教える
作品の感想を書く


感想掲示板へ
携帯小説検索(ランキング)へ
栞の一覧へ
この小説は無銘文庫を利用して執筆されています。無銘文庫は誰でも作家になれる無料の携帯・スマートフォン小説サイトです!
新規作家登録する

携帯小説の
無銘文庫