《MUMEI》
笑って許して;
それを見て、小麦は……

Σ小「ご、御免なさい!!;」


と、謝った。


Σ影「ち、違う;悪いの俺っ…;///」



謝り返しながらも、
もう一度兄貴と雷の全裸[←死体]を
見てしまい……

-Σボタボタ…


さっき程では、ないが。また、鼻血を垂らした。

試験管先生に理由説明して。

止血してもらってる間に、




残りの死体をカプセルにいれ終わった

メロディアと、案内人が来て驚いた。



Σメ「Σ影白どうした!!;」


Σ案「Σえ!?;

アイb…Σ影白さん!??;

Σ一体何があったんですか?;」




影「Σあぁ、これは……;」



俺が答えようとすると、

代わりに試験管先生が答えた。




試「兄弟の裸[←死体]を見て、ムラムラしたんだってさ

……はい。終わりました」


俺の止血を終えて試験管先生は立ち上がった。

前へ |次へ


作品目次へ
感想掲示板へ
携帯小説検索(ランキング)へ
栞の一覧へ
この小説は無銘文庫を利用して執筆されています。無銘文庫は誰でも作家になれる無料の携帯・スマートフォン小説サイトです!
新規作家登録する

携帯小説の
無銘文庫