《MUMEI》
妊夫
彼と同化した事で、私の身体の構造も変わった。


先ず彼の陰茎周りと肛門周りに
同化している私に触手が出来き、

-ニュルルル…Σビュシッ!

尿道を陰茎周りの触手で塞ぎ、
肛門周りの触手で大腸に孔を開け…
体液で痛覚を抑えながら、
彼を変えていく。


Σ?「んあっ//…Σひゃん!;//」

彼は男とは思えない、
可愛らしい声を出した。

その間私は…
彼の大腸の孔を肛門周りの触手で満たし。
疑似の子宮を作って、

細胞分裂し作った私を忍ばせる。
作られた私は疑似子宮に張り付き、
胎児の様な動きをする。


今の彼は、
妊婦とほぼ変わらない体型になった。

前へ |次へ


作品目次へ
感想掲示板へ
携帯小説検索(ランキング)へ
栞の一覧へ
この小説は無銘文庫を利用して執筆されています。無銘文庫は誰でも作家になれる無料の携帯・スマートフォン小説サイトです!
新規作家登録する

携帯小説の
無銘文庫