《MUMEI》
女性化
Σ?「いゃらぁ…//お腹に何か居りゅ〜う;//」

彼に痛み止めとして出していた体液が、
彼の体内で女性ホルモンと同じ働きをしだす。

827番はこれで鬱になり、耐えきれず自×した。

それを考えると彼の身体は随分と早く、
そして……従順に適応している。


骨格や体格はさほど変わらなかったが…
827番よりも早い段階で女性化をしている。

?「ンッ…あっ……頭おかしくなりゅ…//」

身体の方は…例えば、


顔つきが中性的になったり…
胸が膨らみ、体がしなやかになったり

筋肉の質が落ち、
肌や体内の性感が強くなったりし

最終的には、
男らしさが無くなる。


精神的には


うっとりする事が増え。性交時、
何かに抱きつきたくなったり。

恋愛感情が深まったり。
他の男性器への抵抗感が無くなったり、
男性的な性欲の減少が見られたりする。

普通は何年もかけてなるのだが…


彼はその日中に、
殆んど女性化してしまった。

前へ |次へ


作品目次へ
感想掲示板へ
携帯小説検索(ランキング)へ
栞の一覧へ
この小説は無銘文庫を利用して執筆されています。無銘文庫は誰でも作家になれる無料の携帯・スマートフォン小説サイトです!
新規作家登録する

携帯小説の
無銘文庫