《MUMEI》
成長
その件のせいで、
研究員達は避難し。

彼の部屋も鉄製の牢獄の様な部屋に、
寝るための布団がしかれているだけとなった。

?「寂しい…誰か……誰か……私を…犯して。
 赤ちゃん……いっぱい……欲しいのよ……」


そう泣いて一人蹲る彼を私は見てられなかった。


彼の番になるために、進化に賭ける事にした。

前へ |次へ


作品目次へ
感想掲示板へ
携帯小説検索(ランキング)へ
栞の一覧へ
この小説は無銘文庫を利用して執筆されています。無銘文庫は誰でも作家になれる無料の携帯・スマートフォン小説サイトです!
新規作家登録する

携帯小説の
無銘文庫