《MUMEI》
進化
先ず、分離した私を取り出し。
疑似子宮を埋め、元の大腸に戻す。

それと尿道、大腸に入っていた触手を出した。

?「Σやだっ…赤ちゃん…返してぇ……」

そうして私も彼の腹を元に戻し、
剥がれ……分離していた私と私は同化する。



そして……


-にゅぱにゅぱ……ずるんっ!

音を立てながら私は、人類に擬態した。

前へ |次へ


作品目次へ
感想掲示板へ
携帯小説検索(ランキング)へ
栞の一覧へ
この小説は無銘文庫を利用して執筆されています。無銘文庫は誰でも作家になれる無料の携帯・スマートフォン小説サイトです!
新規作家登録する

携帯小説の
無銘文庫