《MUMEI》
逃走準備
只、今はまだ駄目だ。
研究員達が私達を監視し続けている間は
逃げることが出来ない。

時間は掛かるが…
二、三匹私の分身を作り。

研究員達が其方に気をとられている隙に脱出しよう。

前へ |次へ


作品目次へ
感想掲示板へ
携帯小説検索(ランキング)へ
栞の一覧へ
この小説は無銘文庫を利用して執筆されています。無銘文庫は誰でも作家になれる無料の携帯・スマートフォン小説サイトです!
新規作家登録する

携帯小説の
無銘文庫