《MUMEI》
逃走決行
研究員達の話を盗み聞きしたら、
翌日早朝に彼の殺処分をするらしい。

逃げるなら、今しかない。

未熟ではあるが、分身を三匹程落とし。

私は、彼を抱いて逃げた。

…研究員達は追って来ない様だ。


逃げる途中で、
モニターに彼の写真とデータが写っているのを見た。

…彼の名前は "リクト" と言うらしい。
これからは…彼をリクトと呼ぼう。

リクト「赤ちゃん…何処に連れてってくれるの?//」

私は今はまだ発声器官が無いので言えず。

?『……………………』ただただ、
向かっている方向を見つめるだけにした。

前へ |次へ


作品目次へ
感想掲示板へ
携帯小説検索(ランキング)へ
栞の一覧へ
この小説は無銘文庫を利用して執筆されています。無銘文庫は誰でも作家になれる無料の携帯・スマートフォン小説サイトです!
新規作家登録する

携帯小説の
無銘文庫