《MUMEI》
麻酔プスーッ!
まずは麻酔を打って…
首から下を麻痺させる。

奴隷1「Σヒッ…((( ;゚Д゚)))嫌…こんなの嫌ぁ…;」


首から下が動かせなくなって、
ビビってるの可愛い。


コナー「大丈夫だよ〜ヨシ( *´・ω)/(;д; )ヨシ」

僕は頭を撫でてやってから、
奴隷の肉体改造に取りかかった。

前へ |次へ


作品目次へ
感想掲示板へ
携帯小説検索(ランキング)へ
栞の一覧へ
この小説は無銘文庫を利用して執筆されています。無銘文庫は誰でも作家になれる無料の携帯・スマートフォン小説サイトです!
新規作家登録する

携帯小説の
無銘文庫