《MUMEI》
改造 1-1
とある国の跡地に、

色々な薬の調合の仕方とかの
ファイルが見つかって…

人々はそれをこぞって取り合った。

僕の友人もその一人で…

そのお陰で再現した薬が幾つか
僕の手元にあるんだ。



今使う薬は…


まぁ、
説明難しいし実践した方が分かりやすいよね?

-ヌリヌリ…



先ずは、医療用の手袋して〜。

切断する場所にまんべんなく塗って〜。

……で

塗った場所からずれない様に
奴隷を刃物でぶつ切りにするよ♪

-サクサクサク〜ッ!


薬のお陰ですんなり切れた。

奴隷の上半身と下半身がさよならしたよ♪
さよならしても生きたままなのも、
この薬の効果なんだ!


奴隷1「ひぃ…ぁ……」


あ…奴隷、気絶しちゃった?;
これからが面白いのに〜(*´・ω・)

僕は、前同じ手順でさよならした……
雄のイルカの下半身を持ってきた。

このイルカの下半身も、
麻酔で動けなくしてあるよ。

麻酔で動けなくする理由は……

今日使う薬がもう一つあるんだけど…

それを使ってくっ付ける時に、
ずれたりして死なない為だよ!


薬は塗って暫く待ってから、
くっ付ける仕様だから…

-ヌリヌリ……






奴隷1「んぅ……」

わざと、奴隷が気付いた時にくっつけるよ(*´▽`*)!

くっつける時、
大抵のところはずれても問題ないんだけど…

"動脈"と"静脈"はズレると死んじゃうから、
ここは真剣にやらないとね!

コナー「……………………;」

-ピトッ……

前へ |次へ


作品目次へ
感想掲示板へ
携帯小説検索(ランキング)へ
栞の一覧へ
この小説は無銘文庫を利用して執筆されています。無銘文庫は誰でも作家になれる無料の携帯・スマートフォン小説サイトです!
新規作家登録する

携帯小説の
無銘文庫