《MUMEI》
次の奴隷……の前に。
奴隷の部屋に鍵をかけ。
メイドロボのメイちゃん5000号に渡す。

コナー「この部屋の管理頼んだよ。」


メイ5000『かしこまりました。』


メイちゃんは僕のお父さんが、
昔作ったメイドロボの設計図…を盗んで僕が作った。

奴隷管理専用のメイドロボだよ。

例外も有るけど大体一体につき、
一部屋を管理してもらってる。
今は5000号程にまで増えた!

……そうだね!
もう出来上がってしまっては居るけれど、

次はメイちゃん1号が管理してる所の
奴隷を見せよう(*´▽`*)!

前へ |次へ


作品目次へ
感想掲示板へ
携帯小説検索(ランキング)へ
栞の一覧へ
この小説は無銘文庫を利用して執筆されています。無銘文庫は誰でも作家になれる無料の携帯・スマートフォン小説サイトです!
新規作家登録する

携帯小説の
無銘文庫