《MUMEI》
社長
僕「ん…?」

何も見えない…ハハッ。

とうとう目玉まで摘出されてしまったのか…
そう思った。

けど、違った。


瞼の上に乗っている?感覚から、
アイマスクでもされているのだろう…!


僕「四肢が…あるっ!;」

両手、両足首に
枷がされているのか動かせないが…

義肢とかでは無い。
確かにそこに神経の繋がった四肢がある。

僕が見えないまま確認をしていると…



社長「気づいたかね?」

誰かが部屋に入り、そう聞いてきた。



僕「……誰?」


僕がそう返すと、


社長「私はこの会社の社長だよ、君は実に運が良い。
 これからは人間の子を産めるようになるんだ。」


そう社長は僕からアイマスクを外してそう言った。

前へ |次へ


作品目次へ
感想掲示板へ
携帯小説検索(ランキング)へ
栞の一覧へ
この小説は無銘文庫を利用して執筆されています。無銘文庫は誰でも作家になれる無料の携帯・スマートフォン小説サイトです!
新規作家登録する

携帯小説の
無銘文庫