《MUMEI》

ゼルマ『どうしよう…』


小声でそう体を震わすゼルマ君を見て私は…


トロイ「ん?……こんな部屋だったかな?」


反省もして欲しいし、
この状態のゼルマ君の体内が
どうなっているか知りたかったので…




今のゼルマ君の存在に、
気付かない振りをする事にした。

前へ |次へ


作品目次へ
感想掲示板へ
携帯小説検索(ランキング)へ
栞の一覧へ
この小説は無銘文庫を利用して執筆されています。無銘文庫は誰でも作家になれる無料の携帯・スマートフォン小説サイトです!
新規作家登録する

携帯小説の
無銘文庫