《MUMEI》

頭を肛門に押し込むと、

Σゼルマ『Σん゙ぃ゙い゙い゙い゙!??;//』

という、
可愛らしい声が聞けた。

私は…ゼルマ君の反応をもっと見たくて、
更に奥へ体を押し込んだ。


身体上半身迄が入った辺りで

Σトロイ「ん…
 なかなか奥はキツいみたいですね!!//」

私がそう独り言を体外からでも
聞こえる様に言ってみると、
ゼルマ君の身体は震え……

腸内は逃がさない様に、
キュウキュウと私を締め付けた。

前へ |次へ


作品目次へ
感想掲示板へ
携帯小説検索(ランキング)へ
栞の一覧へ
この小説は無銘文庫を利用して執筆されています。無銘文庫は誰でも作家になれる無料の携帯・スマートフォン小説サイトです!
新規作家登録する

携帯小説の
無銘文庫