《MUMEI》

マッドサイエンティストに捕まった俺は、
加工されて…寄生虫の苗床になった。

俺自身は食事の必要が無く、
肛門と尿道口を塞がれ…
二度と排泄は出来ない身体になった。



そんな身体に慣れて数日後…


?「これを飲め」

そうマッドサイエンティストに、
寄生虫の卵が並々注がれたカップを渡された。


…何故無理矢理飲ませずに、
コップで渡してきたのか?

俺には理解出来なかった。



…が、
俺はもう…苗床として加工された身だ。


飲まないという選択肢は無い、
覚悟の方はできていた。

次へ


作品目次へ
感想掲示板へ
携帯小説検索(ランキング)へ
栞の一覧へ
この小説は無銘文庫を利用して執筆されています。無銘文庫は誰でも作家になれる無料の携帯・スマートフォン小説サイトです!
新規作家登録する

携帯小説の
無銘文庫