《MUMEI》

カップの中の寄生虫を飲み干すと…

寄生虫が俺の肉壁に…
卵を産み付けている感覚がした。

マッドサイエンティストの指示で…

先程のコップを持って、
口を開けたまま待っていると…

Σ俺「んぇ…うぇぇ…;」

ボトボトと口から…
産み付け終えた寄生虫達が
コップの中へ帰っていった。

前へ |次へ


作品目次へ
感想掲示板へ
携帯小説検索(ランキング)へ
栞の一覧へ
この小説は無銘文庫を利用して執筆されています。無銘文庫は誰でも作家になれる無料の携帯・スマートフォン小説サイトです!
新規作家登録する

携帯小説の
無銘文庫