《MUMEI》

寄生虫が卵を産み終え、
全てコップに帰った頃には…

大量の卵を孕んで
俺の腹は…妊婦の様な形になった。

俺「…ぅ゛Σ重ッ;」

しかし卵の重さは…
その数十倍はあるだろう。

俺は歩くどころか…

暫くの間、
そこから立つことすら出来なかった。

前へ |次へ


作品目次へ
感想掲示板へ
携帯小説検索(ランキング)へ
栞の一覧へ
この小説は無銘文庫を利用して執筆されています。無銘文庫は誰でも作家になれる無料の携帯・スマートフォン小説サイトです!
新規作家登録する

携帯小説の
無銘文庫