《MUMEI》

俺に食事等は必要ないが…

マッドサイエンティストが
定期的に鎮痛剤を持ってきてくれた。

俺「あ…ありがとう//」

そう言う俺に

?「……//」


マッドサイエンティストは
黙ってキスをして…
その場を静かに立ち去ってしまった。

前へ |次へ


作品目次へ
感想掲示板へ
携帯小説検索(ランキング)へ
栞の一覧へ
この小説は無銘文庫を利用して執筆されています。無銘文庫は誰でも作家になれる無料の携帯・スマートフォン小説サイトです!
新規作家登録する

携帯小説の
無銘文庫