《MUMEI》
良い買い物
今日も奴隷市場に、
彼女は買い物に来ていた。

73「あら、珍しい。」

目の前には…パッと見美女の奴隷が、
三人も定価より安く売られていた。

73「この子達、何か訳アリなの?」


73が奴隷商人に聞くと…

商売「えぇ…というのも、
 コイツらは奴隷商仲間が
 勝手に押し付けてきた代物でして…;

 一番右のは"喋れない"
 真ん中のは"盲目"
 一番左のは"聴覚障害"で、
 どれも中々うれないんですよ…」


73「へぇ…勿体無いわね」

そう73は、
三人をなめ廻す様に見つめ…

73「この子達、
 他に買い手が居ないなら…
 私が買っても良いかしら?」

そう商人に相談した。

前へ |次へ


作品目次へ
感想掲示板へ
携帯小説検索(ランキング)へ
栞の一覧へ
この小説は無銘文庫を利用して執筆されています。無銘文庫は誰でも作家になれる無料の携帯・スマートフォン小説サイトです!
新規作家登録する

携帯小説の
無銘文庫